またまた雪の妖精ちゃん、今度はブックマーカー!

羊毛フェルトシマエナガブックマーカー

ちょこん。

羊毛フェルトシマエナガブックマーカー(上)

見た目はかわいいでしょ?

羊毛フェルトシマエナガブックマーカー(下)

下にも飾りが付いているのよ。

文庫本用ブックマーカー

最近ブックマーカーの種類も増えてきましたね。

可愛いもの綺麗なもの面白いもの。紐金属厚紙素材も形も様々。

その中でも、私は本の上からちょこんとマスコットが出るブックマーカーが一番好きなんです。でもこれだ!と思えるシマエナガのものがなかったので、自作しちゃえ!という成り行きでございます。

フォルムはうまく出来たのですが、尻尾の黒い模様の部分が、いつも上手に表現できません。

栞部分を撮り忘れましたが、本体と下の丸い玉部分は深緑色の合皮の紐で繋がっています(下の玉部分から少し出ているのがそれです)。

お尻から目打ちでブスっと穴を開け、ボンドを流し込み、合皮をむりくりはめ込みました。

強く引っ張りすぎると抜けるかも(もっとしっかり作りたいんだけどね……なかなか……)。

実際に使ってみた感想

使いにくいわ!

まず百均の紐が太すぎた。しかも本に挟むときにクタッとなって挟みづらい。

挟んだ後に、しっかりと下に引かないと上のシマエナガ部分が倒れる。

下の丸い部分が邪魔。

問答無用で要改良ですわ。

まとめ

それにしても、平べったい(薄い)ものに綺麗に模様を付けるにはどうしたらいいんでしょうか。浅くニードルで刺すとしっかりくっつかなくてフワフワ浮いてくるし、深く差すと裏側に黒い毛が突き抜けて見栄えが悪いんですよね。

現在試行錯誤しながら、満足いく作品を目指している所です。

そしてまだまだ続くよ、シマエナガ!強化月間ですから!

使用したもの

材料

  • フルフィール羊毛フェルト…少々(本体、くちばし、模様)
  • 二ミリの刺し目…二つ
  • ハマナカ羊毛フェルト…少々(下の丸い玉用)
  • ダイソーの合皮紐…半分

道具

  • 極細ニードル…一本
  • フェルディングマット
  • 目打ち
  • 手芸用ボンド
  • 手芸用ハサミ

コメント